読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お花見の行く先

カーテン越しにゆらゆら揺れる洗濯物を見ていると、なんだかほっこりするのは私だけでしょうか。
ボトムスやトップスの窓に映る影の長さもそれぞれです。
ついこの前までは、たとえ日差しを見ても痛そうな寒さを思うだけで、ほっこりすることなんてありませんでした。
暖かくなってきたというのは、気温はもちろんですけど、心で感じる物なのかもしれませんね。
心なしか洗濯物の乾きも、早くなってきたように感じるので、本当に春はもうそこまで来ているのかもしれません。
近所の桜も蕾が少しずつ赤みを帯びてきています。
「梅が終わったと思ったら、もう桜だね」
と、相変わらず母の連れて行けアピールが始まりましたが、開花宣言が出されても満開までには少し日にちがかかるはずですから、お花見の予定はもう少し後に立てた方が良いかもしれませんね。
とは言っても、大まかな行き先だけは決めておかないと。
人知れずひっそりと咲くような桜も綺麗なんですけど、そういうとこを探すのはなかなか難しいです。
近場の有名な所には殆ど行ってしまっているので、少し足を延ばすことも考えた方が良いのかもしれません。
花の命は短くて…
桜は一週間ぐらいが勝負ですから、何処へ行っても人だらけになるんですけど、花が好きな母に、今年も綺麗な桜を見せてあげたいと思っています。